うたの冒険旅行記-VLOG-

音楽と映画と旅行とアイドル。宇宙に行きたい。

CDショップに未来はあるのか。

 

CDショップに未来はあるのだろうか。

 

今の時代、YouTubeで無料で音楽を聞くことも出来る。

Spontifyなどの音楽ストリーミングサービスで音楽を聞くことも出来る。

また、TSUTAYAやGEOのレンタルCD屋さんで、CDをレンタルすることもできる。

 

インターネットで聴きたい音楽を検索すれば、

容易に聞くことができる時代だ。

 

今の時代、販売日にわざわざCDショップに出向き、

新譜のCDを購入する人は、どれだけいるのだろうか。

 

私は、昔からCDを購入して来た。

が、それは店舗で購入していることもあれば、そうでないこともある。

最近は、オンラインで商品注文して、取り寄せることが多い。

 

タワーレコードAmazonなどのオンラインサービスが

この世には多く存在する。

そしてそのサービスは、非常に便利である。

家にいれば商品が届くし、セブンイレブンなどのコンビニでも受け取りができる。

 

 

私は最近、"CDを購入する"という行為に対して、

価値が無くなっているように感じる。

 

昔までは、自分の中で"CD至上主義"であった。

新譜のCDを買わないと、いけない。

それがファンの使命だ、と。

CDを買うことが自分の中の肯定になっていた。

 

しかし、いつからか私はCDを買うことよりも、

"音楽を聞く”という形で音楽を楽しむようになった。

 

それはどのような形でも良くて。

レンタルをしてCDを取り入れて聞いたところで、

結局は、"音楽"である。

それに、CDを持つということだけがファンという訳でも無いように感じる。

 

結局は、 CDを買うということより、"音楽を聴く"ということが

重要なのでは無いだろうか。

 

YouTubeなどの動画配信サービスで見れる音楽には、

必ずと言っていいほどMV(ミュージックビデオ)というものがある。

MVは、音楽に対して視覚的に楽しめるように、

理解が深まるように作られるものである。

 

また、ライブ映像などが配信されてる場合もある。

その場合は、そのアーティストの想像がしやすい。

 

 

素人の私から見ても、CDショップに未来は無いように感じる。

 

CDは、売れなくなるとリサイクルショップへ売りに出される。

ブックオフなどが有名である。

そこでは、CDを安く購入することができる。

 

 

では、CDが売れるようにするには、

CDを店舗で買ってもらうためにはどうしたらいいのか。

 

"イベント参加券""握手券"などでCDに付加価値を見出すしかないと思ってる。

 

大昔、AKB48が握手会付きのCDを販売して、炎上したことがある。

しかし、近頃は握手券やチェキ会やサイン会など、

CDを購入したら、アーティスト本人と会うことができる機会が増えているように感じる。

 

正直言えば、"イベント参加券""握手券"なども、将来的には情報化してしまうのでは無いだろうか。

 

そういう意味では、CDショップはいずれ衰退し、無くなるだろうというのが私の見解である。

 

"本"という媒体にも同じことが言えるように思える。

本も、今やデジタル化が進んでしまい、

本屋で本を購入する人は、どれだけいるのだろうか。

 

しかしながら、デジタル化した本と音楽の違いとしては、

音楽は無料で楽しむことができるが、

本はお金を払わないと楽しむことができないということである。

そういう意味では、本という媒体は、まだまだ未来性があるように感じる。

CDという媒体は、未来があるのだろうか。

 

そんな中、2016年、ハイスタが事前告知無しで CDをリリースしたのは記憶にも新しい。

blog.livedoor.jp

このニュースは、非常にアツかった。

CDショップに行かなければ買えないというモノを感じさせられた。

CDショップも、まだまだあるべきものなんだな、と感じた。

 

 

皆さんは、この曲を聞いたことがあるだろうか。

www.youtube.com

 

そう、こうやって紹介をする際にも、

皮肉にも私はYouTubeを使ってしまっているのである。

それは置いておいて、この曲、非常に良い曲だと私は感じる。

 

僕らはなぜCDを出すのだろうか。

 

"特典"が無いと売れないこの世の中で、

 CDという媒体は必要なのだろうか。

 それを扱うCDショップは、いつまで持つのだろう。